自分語り

2019年10月7日

こんにちは、相変わらず仕事辞めたいシュンサムです。

 

昨日一昨日と鹿児島出張してまいりましたー。

写真をちょこっとどーぞ(笑)

どどん!

桜島!

雄大やなー。

 

駅弁の豚角煮弁当!

おいしかったどー。

 

 

 

この記事では、最近思っていることをつらつらと書いていこうかなと思います。

完全に自分語りなんで流し読みしてください。

 

最近思うこと

先日、新卒で会社に入社してちょうど半年が経ちました。

我ながらよく頑張っているなと思います(嘘)

 

実は10月から約3か月間応援という形で別部署で働かせていただくことになりました。

部署が変わったというだけでだいぶ精神的には楽になりました。

配属されて日が浅いのでまだお客様気分で居られるからでしょうか。

 

前部署では、興味の持てない仕事に対して常に成長を求められるのでプレッシャーが大きかったですね。

まあ会社的に社員には成長してもらわないと困りますが。

 

でも仕事ってそういうもんなんでしょうか。。。

みんな興味のない仕事を我慢して続けているのでしょうか。

それが当たり前だといわれてしまったら、僕は仕事に理想を持ちすぎているだけなのかもしれません。

 

「自分は普通の人とは違う」

「自分は何者かになれるはずだ」

と淡い幻想を抱いているのでしょうか。

 

 

このまま仕事を辞めて他の会社に転職しても再び「自分には合っていない」と感じてまた同じことを繰り返すのかもしれません。

良いように捉えれば、「妥協せず自分に合った環境を探し続ける向上心の高い人間」ということですが、悪く捉えると「ちょっと嫌なことがあっただけですぐ逃げるダメ人間」という風にも捉えられますよね。

 

先日両親にも「年内に辞めたい」という話をしたところ、「1年は続けろ」といわれました。

今まで生きてきて僕の意見や考えをすべて肯定してきてくれた両親に生まれて初めて反対されたので、精神的にもダメージを受けました。

 

 

両親に反対された理由は、自分の中で「どうしてもこれがやりたいから今の会社を辞めたい!」という強い思いがないからです。

 

 

確かに今の自分は「会社に嫌気がさしたから逃げたい」という思いが一番強いです。

「なんとなくやりたいこと」はたくさんあるのですが、「どうしてもやりたいこと」はそう簡単には見つかりません。

「それなのにこのまま辞めてしまっていいのか」と悩む毎日です。

 

 

「好きなことを仕事にする」人たちが増えているこの頃ですが、僕はそのような生き方に心の底からあこがれています。

だって一度きりの人生どうせなら嫌なことなんて全くない楽しいものにしたいじゃないですか。

僕も毎日死んだような目で会社に通うのではなく、「生きている」という実感を持ちながら楽しく生きたいんですよ。

 

ですが、「好きなことを仕事にできる人」はかなりの努力が必要なんでしょうね。

「仕事」=「他人に価値を与えること」

ですから、自分の好きなことが他人の価値になるものなんてこれまで何となく生きてきた人にはないでしょう。

「好きなことを仕事にしている人」はそこに至るまで並大抵ではない努力を積み上げ、スキルを磨いてきた人なんでしょう。

 

そんなスキルのない僕が仕事を突発的に辞めてもつらい思いをするだけ。

 

そんな考えも痛いほどわかり、身動きがとれない状態です。

 

 

まあこの3か月は精神的にも比較的楽なので、ゆっくり自分について考えたいと思います。

考えているだけじゃ答えも出ないと思うので、やはり何かしら行動を起こすのも大切ですよね。

そもそもこの先に「答え」があるのかどうかもわかりませんが・・・

 

 

皆さんもいろいろ悩むかと思いますが、あんまり思いつめずリラックスしていきましょう。

笑顔で。

 

それでは!